外国人犯罪撲滅協議会



外国人犯罪撲滅協議会議長 紹介


有門大輔


氏名 :

有門 大輔(ありかど だいすけ)

役職 :

外国人犯罪撲滅協議会 議長

出身 :

昭和49年大阪府に生まれる。

経歴 :

地元での会社勤めを経て、平成7年に二十歳で単身上京。以来、思想運動上の師である瀬戸弘幸の下で書生として8年間生活を共にし、瀬戸弘幸事務所では「秘書役」として公私共に支える立場に。

平成16年、不法滞在外国人の多発と治安の悪化を憂慮する同志らと共に『NPO外国人犯罪追放運動』(東京都より認証)を立ち上げる。以降、「行動する保守運動」のけん引役の1人として右派市民運動に携わり、同25年、新たに同志らとともに外国人犯罪撲滅協議会を設立して現在に至る。

著書 :

『外国人犯罪』セントラル出版・平成12年


inserted by FC2 system