NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部

【東京】「第二回」環境テロ組織を野放しにする欧米各国への抗議行動(12月24日)

【栃木】「警察官の発砲」裁判支援闘争(12月21日)

【東京】環境テロ組織を野放しにする欧米各国への抗議行動(12月15日)

【東京】京都・勧進橋児童公園奪還一周年デモ行動(12月4日)

【東京】「朝鮮人元売春婦らによる署名」粉砕・撃退行動(11月25日)

【東京】民事でも訴えられた栃木県鹿沼警察署警官支援行動(11月16日)

【東京】支那人観光客バス違法駐車取締りパトロール (11月4日)

【栃木】警察官第三回目公判の刑事裁判傍聴記録(11月4日)

【東京】ハロウィン乱痴気騒ぎ取締りパトロール(10月31日)

【栃木】警察官第二回目公判の刑事裁判傍聴記録(10月28日)

【栃木】警察官初公判の刑事裁判支援行動(10月21日)

【和歌山】テロリスト集団「シー・シェパード」撃退行動(9月13・14日)

千葉景子法務大臣への辞職要求
(7月14日)

【埼玉】川口芝園団地
実態調査「第二回」

(6月27日)

【埼玉】川口芝園団地実態調査「第一回」
(6月13日)

奈良県警警察官支援行動 第二日「署名活動・デモ行進」
(5月8日)

奈良県警警察官支援行動「激励街宣」
(5月7日)

支那(中国)留学生会館前抗議行動
(4月25日)

池袋チャイナタウン計画粉砕行動「第三弾」
(4月25日)

「NPO外国人犯罪追放運動」総会(3月16日)

JR川崎駅前街頭活動(3月16日)

池袋チャイナタウン計画粉砕行動「第二弾」
(2月14日)

国際結婚トラブル被害者支援行動「第4弾」
(2月4日)

支那人から民事賠償請求された鹿沼警察署警官支援行動(2月4日)

池袋チャイナタウン計画粉砕行動(1月10日)


☆活動報告 環境テロリストから我が国船舶を守れ!

捕鯨妨害への反撃

欧米諸国よ、日本の捕鯨に口出しするな!

平成22年12月15日





【ご報告】
わが「排害運動」勢力は東京・港区内にてアメリカ大使館およびオーストラリア大使館への抗議行動を展開した。
このほど日本の調査捕鯨船が南氷洋へ向けて出港したが、再び動きを活発化させた欧米の環境テロ組織『シーシェパード(SS)』などによる妨害激化を懸念して船員らの家族・親族らが集って見送る華々しい出港式は取り止めになったという。
日本の船舶が日本人のために日本から出港するというのに誰に憚る必要があるのか。この時点から日本は「鯨を獲るな!」「鯨を食べるな!」とする欧米の国際的圧力に屈してしまっている。上からは外圧、そして実際の捕鯨においては相次ぐ環境テロ組織の妨害と日本人船員への危険。それら日本の調査捕鯨船のみを狙い撃ちにしたテロ組織の横行を看過しているばかりか、番犬よろしく「先兵」として嗾(けしか)けている米・豪への熾烈なる抗議行動を展開したものだ。



どうして大使館前での抗議が認められないんだ!?到着早々から怒りの声を張り上げた『主権回復を目指す会』の西村修平代表が制止する警官隊と睨み合う
立ち去れと言われてもそう簡単には引き下がれない!



主権回復を目指す会の児島謙剛氏が歯切れの良い演説で、欧米による日本の食文化への著しい介入に怒りを露わに!
抗議の様子を撮影する通信社のカメラマン



国際指名手配の外国人犯罪者を逮捕することこそ警察官の使命だぞ、分かっているのか、そこの警察官!?
日本人がどれだけ侮られたんだよ!? お宅らが必死に追うべき外国人犯罪者を我々が糾弾しているんだぞ! 本来なら「どうぞお通り下さい」と言うのが普通だ! 大使館に抗議文を届けに行くのにたった数名しか駄目だとはどういうことだ!?



どの民族が何を食べようが勝手!



【主張】
朝鮮半島には犬を食する文化があるという。およそペットという感覚しかない現代日本人には想像にも及ばない。しかし、朝鮮人が朝鮮半島で育んでいる食文化であればやむを得まい。問題はそのような食文化を日本に来てまで公然と繰り広げてもらっては困るというだけで、どの民族が自国でどんな動物を食べようがその民族の勝手!その論でいくと、日本人が鯨を食べようが何を食べようが日本人の勝手なのである!犬を食べる文化を理解できない日本人が朝鮮半島へは行かないように、「鯨を食べることは野蛮」という外国人は日本に来なければ良い。むしろ食文化で欧米のような人権の先進国が国際的に介入すべきは、堕胎した胎児をスープで煮たり、人をバラバラに切り刻んで食するようなことが平然と行なわれている支那(中国)に対してであり、これこそ非文明的・非人道的であるとして文句を言うべきだろう! 


動画「アメリカ」環境テロリストから我が国船舶の安全を守れ!




続いてオーストラリア大使館へ抗議!

排除しようとする警官隊と揉み合う西村代表



なおも排除しようとする警官隊が取り囲む中、座り込みで対抗!



大使館の中から抗議行動の様子をうかがう職員ら



(右)『政経調査会』の槇泰智代表 流刑囚の子孫から捕鯨が野蛮だの何だのと言われる筋合いはないんだよ、分かったかオセアニアの野蛮な種族ども!

代わる代わる弁士が熾烈な抗議!



抗議文、朗読!                    代表団が大使館へ赴く!           

何!? 担当官が不在? 怯えて逃げ隠れしてんじゃないのか!? (右)外からは抗議の嵐!捕鯨妨害を許さないぞー!!


動画「オーストラリア」環境テロリストから我が国船舶の安全を守れ!





文責:サイト運営一課    平成22年12月23日更新



元のページに戻る



index



NPO法人 外国人犯罪追放運動
本 部: 東京都台東区東上野 6−10−7−401
電 話: 03−3842−8805
機関紙:『安全への選択』
理事長ブログ:http://blog.livedoor.jp/samuraiari/
本部HP:http://gaitsui.web.fc2.com
inserted by FC2 system